人気ブログランキング |
ブログトップ

日本基督教団九州教区のブログ

kyushu.exblog.jp

「東日本大震災」支援募金のお願い

 主の御名を讃美いたします。
 それぞれの教会において、主の復活を喜び祝い、復活の主に押し出されて宣教の働きを進められていることと思います。

 さて、先に開催された第61回九州教区総会におきまして「東日本大震災に関する件」(提案者:日下部遣志)という建議案が審議の上、可決されました。そこでは、九州教区としてできうる支援を今後開始していくことが決議されています。

 九州教区は、東日本大震災直後の常置委員会(3月15日開催)において、被災教区に緊急支援金として合計400万円を支出いたしました。また教区総会直前に、日下部遣志教師を東北教区、奥羽教区に派遣し、それぞれの教区事務所を拠点として被災地、被災教会をお訪ねいたしました。そして、その報告会を教区総会の議員研修会の中にて行いました。

 また、教区総会後の常置委員会において、常置委員会のもとに「東日本大震災対策小委員会」の設置を正式に決定し、委員3人を選任いたしました(川内教会/日下部遣志、熊本草葉町教会/難波信義、香椎教会/新堀真之)。
 今後は、常置委員会に設置された小委員会が具体的な支援のための働きを担っていくことになります。さしあたっては、3月に宣教協約を結ぶ群山老会を教区議長をはじめとする訪問団が訪問した折にいただいた献金約50万円を、その活動資金に当てますが、今後行われる支援の働きのためには、更に活動資金が必要と考えています。

 教団を始め、その他団体も献金の呼びかけを行っていますが、九州教区に献げられた献金は、九州教区と被災教区との具体的交わりの中で行われる支援のために用いられていきます。この働きを通して、遠く離れているお互いの教区とそれに連なる一人一人が出会いを重ね、震災の現実の中から、主による希望を見出していくことができればと願っています。ご協力をよろしくお願いします。

【送金先】
郵便振替 01770-7-21517 日本基督教団 九州教区事務所

ぱるる  17420-29911821 日本基督教団 九州教区

     ※「九州教区東日本大震災支援募金」と明記して下さい。
※目標額・募金期間の定めは特にしておりません。
# by qkyoku | 2011-05-31 15:50 | その他

口蹄疫被害義援金等ご協力のお願い

口蹄疫被害義援金等ご協力のお願い


主の御名を賛美いたします。
 早速ですが、すでに報道等でご承知の通り、宮崎県は現在、口蹄疫の被害に苦しんでいます。県央部にとどまらず、県西部の都城市、中部・宮崎市、北部・日向市でも相次いで感染が報告され、被害は全県下に波及しました。また被害の中心に位置する川南町があります西都児湯地域では、畜産農家の方のみならず、地域全体が精神的・肉体的に疲労の極に達しています。
 一方で、各地の教会、関係学校より、ご心配いただき、お問い合わせいただいておりますが、十分にお答えできず、申し訳ございません。また具体的に出来ることは限られていますのも現実です。
 そこで、宮崎地区委員会で話し合い、また九州教区常置委員会もそれに賛同して、下記の三点について、日本基督教団ならびに九州教区の主にある諸教会のみなさまに訴え、ご協力をお願いすることとなりました。
 主イエス・キリストは、小さき者と共に歩まれ、十字架と復活によって私たちの痛みを担い、その打ち傷によってお癒しくださいました。この福音に生かされている私たちが、祈りの手をあげると共に、「非常事態」が続く中で、少しでも協力いたしたく願っております。
 最後に、このために心と耳を傾けてくださっている方がおられることを感謝し、この痛みへの共感と援助の輪が広がることを願いつつ、重ねてご協力をお願い申し上げます。
主にありて


1.諸教会の礼拝、祈祷会で、執り成しお祈りください。
   詳しい情報は、宮崎日日新聞社のホームページに特集コーナー「激震口蹄疫」があります。
   恐れ入りますが、宮崎地区の教会で、物品等は受付ておりません。
   
2. 義援金への協力をお願いします。
     九州教区事務所にて集約し、宮崎県共同募金会に全額をお送りします。
宮崎県共同募金会は募金を案分し、被害農家に直接届けます。
      郵便振替 01770-7-21517 日本基督教団 九州教区事務所
      ぱるる  17420-29911821 日本基督教団 九州教区

3. 宮崎の牛肉・豚肉、農産品をご利用ください。
   風評被害が深刻です。夏のキャンプ等で、ぜひお願いします。  

   ●その他、物品募集や募金の詳細は、宮崎県のホームページをご覧下さい。
# by qkyoku | 2010-07-21 16:14 | その他

教師問題学習会のご案内

        教師問題学習会のご案内

2010年秋季教師検定試験を前に、教区常置委員会主催により、下記の「教師問題学習会」を開催いたします。今回は、かつて教団執行部として責任を負い、思慮深い意見を発信され続けてこられた小野一郎師(教団隠退教師)を講師に招き、今日の教師問題について自由な立場から存分に語っていただきたいと願っています。教団史を担ってこられた先生のお話を通し、教団が抱える教師問題の理解を深め今後の議論への良い機会としたいと思います。ぜひご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。
  
日 時: 2010年7月12日(月)午後3時00分~5時00分
  会 場: 九州キリスト教会館 4階
  発 題: 「主イエスの愛に生きる教団とは?」
  講 師: 小野 一郎 師(教団隠退教師・元教団副議長)

講師略歴:1927年大分県耶馬渓に生まれる。1955年同志社大学神学部大学院修士課程修了。1955年4月より京都教会、久が原教会、平安教会を牧会。1996年隠退後,故郷に「KUSコイノニア・センター」を開設。現役中は、第17回・18回教団総会副議長、その他、宣教、教育、出版、教師検定各委員など、教団の重責を担われる。
著書:  教団出版局より「罪と洗礼」1959年、「教師となる友へ」1963年、「聖霊の理解」1964年、「牧師と信徒」1971年、「礼拝とは何か」1971年、「ヨハネによる福音書…信仰論からの講解」1975年、「祈りの生活」1979年、  他、著書論文多数。

※ 2009年秋季教団教師検定試験を受験する方は、必ずご出席下さい。当日、学習会終了後、教区三役との面接を行います。受験志願者の旅費は、出身教会からの交通費(教区規定)を教区で負担します。
※ 上記受験志願者以外の参加者につきましては、大変恐縮ですが、各地より自動車の乗り合わせに努める等のご協力をお願いします。なお、当日は午前11時より九州教区 地区委員長会が予定されていますので、地区委員長が車でお出での場合は声を掛け合ってご参加いただければ幸いです。
# by qkyoku | 2010-05-28 11:10

新任教師オリエンテーション/第24回九州教区部落解放講座のご案内

        新任教師オリエンテーション
        第24回九州教区部落解放講座のご案内


 新しい年度を迎え、それぞれの派遣されている場所で宣教の業に励まれていることと存じます。皆様のお働きが主によって祝福されますようお祈り致します。
 例年、九州教区では新任教師オリエンテーションと部落解放講座を併せて開催しています。ご存じのことと思いますが、私たちの社会には今日もなお部落差別が根強く残っています。日本基督教団では教団内でのそれまでの多くの差別事件を克服するために1975年以降、教団を挙げてこの問題へ取り組んできました。特に2001年には『日本基督教団部落解放方針』が制定され、取り組みへの思いを新たにし今日に至っています。
 これまで九州教区では部落差別問題への研修、新任教師研修をかねて新任教師オリエンテーション、部落解放講座の開催を続けてきました。今年度は長崎地区で開催致します。下記の参加対象者は必ずご出席下さい。もちろん自主参加も歓迎致します。



■日  程:2010年6月1日(火)~6月2日(水)
■会  場:長崎銀屋町教会  長崎市銀屋町1-5  TEL095(823)0667
■講  演:「長崎の部落史を歩く」
      講師:荒木壽美さん(長崎人権研究所理事・活水女子大学非常勤講師)
■現地研修:案内:荒木壽美さん
■参加費:3,000円(全日参加) 2,000円(宿泊なし) 
      部分参加・各日1,000円
      ※参加費に食事代は含まれていません。
      ※新任教師の方の参加費・交通費はこちらで負担いたします。
■参加対象:
  (1)今年度九州教区に赴任された教職(昨年、一昨年と不参加の教師も含む)
  (2)常置委員、伝道センター委員、平和・人権部門委員
  (3)自主参加
■申し込み:5月17日(月)までに、下記へファックスでお願いします。(〆切厳守)
九州教区事務所 福岡市中央区舞鶴2-7-7 FAX092(712)6808
■お願い
※経費削減のため車の乗り合わせにご協力下さい。
※交通経費は新任教師・長崎地区からの参加者・部分参加者を除く参加者全員で均等割り致します。
 当日受付で往復の交通費を申告して下さい。(自動車燃料代は10円/1kmでよろしくお願いします。)
 新任教師の方には交通費をお支払いします。受付で実費を申告してください。
※九州教区総会『議案・報告書』と『九州教区規則集』を必ずご持参ください。
# by qkyoku | 2010-05-28 11:06

教師問題学習会のご案内


 「 教 師 問 題 学 習 会 」 



 主の御名を賛美いたします。教区内各教会・伝道所の皆様におかれましては、日々の業にますますお励みのことと存じます。
 さて、2010年度春季教師検定試験を前に、教区常置委員会の主催により下記の通り「教師問題学習会」を開催いたします。
今回は講師に教団常議員の北村慈郎教師(紅葉坂教会)を迎え、二種教職制の問題、教師検定問題、教職の役割とその働き、宣教論と教会形成との関わり、説教と牧会などについて語っていただきます。
教団が抱える教師問題を理解し今後の議論に向かうための貴重な機会ですので、ぜひご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。

              ~  記  ~

 日 時:2010年1月25日(月)午後3時00分~5時00分
 会 場:九州キリスト教会館4階
 テーマ:「今、教職であるとは?」
 講 師:北村慈郎教師(紅葉坂教会)
# by qkyoku | 2010-01-08 14:21 | 集会案内